米コーニング(Corning)は、スマートフォンのディスプレイなどに用いられる強化ガラスの最新版「Gorilla Glass 6」を発表した。今後、数カ月以内に市場へ登場する。

 これまで60億台以上のデバイス、45社以上のメーカーに採用されてきたGorilla Glassシリーズの最新版である「Gorilla Glass 6」では、ユーザーが年平均7回、電話を落とすという調査を元に、性能向上に向け、新たな材料で開発・設計を進め、圧縮応力を高めた。



 その結果、1mの高さから荒い表面へ落下させるテストで、平均15回の落下でも破損しなかった。これはGorilla Glass 5と比べ最大2倍の性能向上になるという。ちなみに、ソーダライム、アルミノシリケートといった材料を用いた競合のガラスでは1回目の落下で破損した、としており、他社よりもはるかに耐久性が高いことをアピールしている。

 スマートフォンでは、ディスプレイの大型化が主流になっているほか、背面にもガラスを採用したり、ワイヤレス充電機能をサポートしたりする機種が増えてきている。こういたトレンドにも、Gorilla Glass 6は対応できる。