富士経済は2018年8月29日、ディスプレイ関連デバイスの市場調査結果を発表した。

 2018年における同市場の市場規模は、前年比95.6%の14兆7402億円。スマートフォンが有機ELディスプレイの採用を進め売上比率を伸長させるが、テレビ向け大型液晶パネルの価格下落の影響により、市場規模全体としては前年度から縮小することが見込まれている。

 2023年の市場規模は15兆7461億円と予測しており、2019年以降の市場はほぼ横ばいになるとみている。


中小型液晶パネルの市場動向は、主力であるスマートフォン向けの需要飽和に加えて、有機ELの採用拡大などの影響を受け、2017年の市場は縮小した。2018年以降もスマートフォンで有機EL採用は増加するとみられ、引き続き市場は縮小が予想される。
 今後も市場の縮小傾向は続くとみられるものの、スマートウォッチやヘルスケアバンドなどのウェアラブル機器、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、車載ディスプレイ、産業用ディスプレイ向けで成長が期待される。
Move to full article