xperia xz3 02
ソニーモバイルコミュニケーションズは、ドイツ・ベルリンで開催されている家電の総合見本市「IFA 2018」に合わせ、現地時間の2018年8月30日にスマートフォンの新機種「Xperia XZ3」を発表した。有機ELディスプレーを新たに採用し、厚みが薄くなった新しいXperia XZ3は、低迷が続くソニーモバイルの起死回生につながるだろうか。
 業績好調なソニーグループの中で唯一不調が続いているのが、スマートフォン事業を担うソニーモバイルコミュニケーションズだ。同社は起死回生に向けた新たな一手として、スマートフォンの新機種「Xperia XZ3」を投入する。2018年秋以降、日本を含む国や地域で販売されるという。


 Xperia XZ3は、日本では2018年の夏モデルとして発売された「Xperia XZ2」の後継となるハイエンドモデル。大きく変化したのはディスプレーで、従来の液晶に代わり、18:9比率・QHD+(2880×1440ピクセル)の有機ELディスプレーを採用した。加えてディスプレーのベゼル幅を2.3mmに抑える狭額縁設計により、Xperia XZ2とあまり変わらないサイズ感ながら、5.7インチから6.0インチへと画面サイズを大型化している。
Move to full article