10月30日午後2時30分、山手線の浜松町駅に着いた。白状すると、この駅に来るのは久しぶりである。去年(2017年)までは毎週のように通っていた。なにせ、大炎上していた東芝とシャープの東京本社があるからだ。両社とも一時は「ご臨終か」という瀬戸際まで追い込まれたが、シャープは台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り、東芝は虎の子のメモリー事業を売却して一命を取り止めた。
 喉元過ぎればなんとやら。火の無いところに無理やり煙を立てるわけにもいかないので、自然と浜松町から足が遠のいていたのだが、この数カ月、お友達のアナリストやら金融機関の人やら記者やらが、やたらと「シャープがすごい」と言い始めた。何がそんなにすごいのか。この目で確かめるべく、2018年度第2四半期の決算記者会見にやってきたわけである。


 少し早めに着いたので22階の記者会見場はガランとしている。広報のスタッフだけが慌ただしく準備に追われていたが、受付をしていると古株の広報マンが飛んできた。

「ど、どうしたんですか!」  
「どうしたって、決算を聞きに」  

「なんでまた急に。今日はソニーさんもあるのに」  
「いや、御社の調子がいいって聞いたもので」  「本当に?」  

疑いの眼差しである。昨今、企業の記者会見では、記者の与党化が進んでいる。
経営者や広報に好かれて「小ネタをもらおう」という魂胆で、会社が喜びそうな質問をする。「これはおかしいんじゃないの」と厳しい質問をする野党記者はもはや絶滅危惧種である。
Read full article