TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は、2019年後半に発売される次世代iPhonesは、LCP(液晶ポリマー)に基づくアンテナ技術を放棄(?)するようだと予想しているとAppleinsiderが伝えている。

 その技術は、iPhone Xで最初に採用されたMPI(変性ポリイミド)を置き換えるもので、経費を改善し、生産収率を高める両効果を有するという。

News Source: IT Media News



 クオ氏は、MPIからLCPへの置き換えは2019年の新iPhoneモデルの主流アンテナ技術となると予想している。

次期iPhoneは、5.8インチOLED、6.5インチOLED、6.1インチLCDモデルを含み、4個のMPIアンテナ及び2個のLCPアンテナを採用したハイブリッド型アンテナとなると予想。

 5G環境を見据えた技術採用と考えられ、次期iPhoneモデルの2個のLCPアンテナは、日本のサブライヤーだけによって出荷されると予想している。