181204_jdi_10ジャパンディスプレイ(JDI)の新事業戦略が着々と進行している。12月4日、第2回目となる戦略発表会を実施。新たなプロトタイプを披露したほか、他社との提携や2019年の量産化を見据えた「センサー戦略」などを発表した。

 JDIは8月に第1回目となる事業戦略発表会を開催。「HUD搭載スマートヘルメット」、鏡の一部が瞬時にディスプレイに変化する「おくれ鏡」、IoTフルハイトドア「FULL HEIGHT MILAOS(フルハイトミラオス)」などのコンセプトモデルを紹介した。その中で、(1)最終製品ビジネスへ参入、(2)定期課金ビジネスの導入、(3)テクノロジーで社会的課題を解決――の3つをイノベーション戦略に据え、B2Cも視野に入れた新事業を展開していくと発表していた。



ジャパンディスプレイ 常務執行役員チーフ・マーケティング・オフィサーの伊藤嘉明氏は「JDIは部品を作る会社。完成品は作っていない。3つの戦略を実現するためには、今までとは全く違うアプローチをしないといけない。そのベースになるのがオープンイノベーションの推進」とし、アイデアソンやパネルディスカッションなど、10~12月にかけて実施してきたオープンイノベーション関連のイベントを発表。さらに、全23社・団体と結んでいるという戦略アライアンスについても紹介した。

また、2019年から量産を開始する予定のセンサー戦略も明らかにした。常務執行役員CTOの永岡一孝氏は「JDIがセンサーを始めることに違和感を感じる人も多いだろう。しかし液晶や有機ELのディスプレイとセンサーデバイスの構造は似ており、今後開発するセンサーはディスプレイ技術を使って、大面積にしたり、曲がったりするものを考えている」と現状を説明した。

Continue to read full article