JNCは12月11日、関西学院大学の畠山琢次教授との共同研究により新しい有機EL材料を開発し、大手ディスプレイメーカーのスマートフォンに採用されたと発表した。

 共同開発した有機EL材料は、これまでに使用されてきた材料系とは全く異なる新しい構造を特徴とした青色発光材料で、ホウ素原子を含むヘテロ環構造を主骨格とし、電圧をかけることによって発生する光の波長の幅が従来の材料に比べ狭いことを特徴としている。



これにより、発光したエネルギーロスを抑えることが可能となり、低消費電力化を実現できる。同社はこの有機EL材料を熊本県の水俣製造所にて製造する計画。

 同社と畠山琢次教授の共同研究は2011年に始まり、2016年には世界最高レベルの発光効率と色純度を持つ有機ELディスプレイ用青色発光材料を開発するなど、数多くの有機EL材料を生み出している。また、新しいタイプの有機EL素子に適用できる材料の開発も進めており、同社は今後も高効率・長寿命特性を有する製品を提供して、有機ELディスプレイの開発に貢献することにしている。