FillWyIxMTcwIiwiNjYwIl0-CESshow
CESで目にするものすべてに大きな影響があるわけではないし、すべてが製品化されるわけでもない。むしろ逆の場合が多く、2019年中もしくはいつになっても発売されない可能性が非常に高い。 それでもCESは、なぜか規模を拡大し続けている。
今年は、約300万平方フィート(約28万平方メートル)の会場に最大18万人が訪れる見通しという。以下が今年のCESで登場が予想されるテーマだ。
数年前のCESでは、低消費電力のBluetoothチップとWi-Fi通信機能をガジェットに追加するだけで「スマートテック」のカテゴリーに入り込めた。しかし、いまではスマートの定義は動作がハードウェア単体かクラウドかに関係なく、いかに知覚や予測する力をもっているかで決まる。


2019年は、いよいよ5Gが現実のものになる年だとされる。だからこそ、AT&Tやベライゾンのような通信会社、サムスン電子などのスマートフォンメーカー、そしてクアルコムなどのモバイルチップメーカーがCESのステージを利用して、次世代の超高速無線ネットワークがわたしたちの生活を根本的に変えると宣言するのも理解できる。
ようやく4Kが身近になり、VISIOなどの低価格4Kテレビや4K対応の安価なストリーミング端末、高速な通信回線、4K画質の映画配信などが普及してきた。そんな矢先に、リヴィングルーム向けの8Kテレビがお目見えする。
サムスン電子やソニー、LGエレクトロニクス、東芝、シャープといったテレビメーカー各社は、今年のCESで8Kディスプレイを大々的に展示するとみられる。なかでもLGは、世界初だという8K有機ELディスプレイを予告している。

《全4色》±0 リフレクトヒーター XHS-Z310 【レトロデザイン プラスマイナスゼロ 省スペース プラマイゼロ 技術革新 消費電力 暖房器具 エコ 省エネ 北欧 リビング 浴室 脱衣所 低燃費 ECO】
《全4色》±0 リフレクトヒーター XHS-Z310 【レトロデザイン プラスマイナスゼロ 省スペース プラマイゼロ 技術革新 消費電力 暖房器具 エコ 省エネ 北欧 リビング 浴室 脱衣所 低燃費 ECO】