中国の政府系ファンド「シルクロード基金」は、ジャパンディスプレイ(JDI)への出資を協議しているとするウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)などの報道を否定した。

 シルクロード基金の代表者はWSJに送信したメールで、「JDIと接触したことはない」と述べた。

 WSJは22日、複数の関係者の話を引用し、JDIが出資受け入れを巡って台湾のタッチパネルメーカー、TPKホールディングおよびシルクロード基金と協議していると報じた。シルクロード基金は同記事に対するコメント要請に応じなかった。



 JDIは売上高の半分以上を米アップルに頼っているが、スマートフォン「iPhone」の中で同社が供給している液晶ディスプレーを採用した機種が少なくなる中、外部からの支援を模索している。

 シルクロード基金がJDIと連絡をとった事実はないと述べたことについて、交渉に関わる複数の関係者は、接触は確かにあったと改めて話している。