galaxy_s10p_oサムスンは2月20日、米・サンフランシスコのビル・グラハム公会堂(Bill Graham Civic Auditorium)において、Galaxy UNPACKED 2019を開催し、10周年を迎えた同社のフラッグシップ「Galaxy S」シリーズの最新モデル「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」、ウェアラブルデバイスなどを発表した。

今回発表された「Galaxy S10」シリーズは、これまでのGalaxy Sシリーズの基本コンセプトを継承しながら、デザインを一新し、さまざまな新機能を搭載した革新的なモデルとして仕上げられている。

 「Galaxy S10」は6.1インチ、「Galaxy S10+」は6.4インチのQuad HD+対応Curved Dynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイ、「Galaxy S10e」は5.8インチのFlat Dynamic AMOLEDをそれぞれ搭載。



galaxy s10e 4ca34cb ディスプレイの縦横比はいずれも19:9で、従来モデルでは本体前面に備えられていた指紋センサーがなくなったことで、本体前面の画面占有率はGalaxy S10とGalaxy S10+が共に93.1%、Galaxy S10 eが91.6%を達成する。

 新設計のDynamic AMOLEDはスマートフォンとして初めてHDR10+認証を得ており、ダイナミックトーンマッピングなどの技術により、美しい映像を再現する。デジタルシネマ規格のDCI-P3にも対応する。

Continue to read full article