galaxy fold 00001-PB1-1韓国サムスン電子は20日、画面を2つに折り畳めるスマートフォンを4月26日に発売すると発表した。たためば4.6インチのスマホ、広げれば7.3インチのタブレットとして利用できる。スマホ市場の停滞が色濃くなるなか、携帯性と大画面の見やすさをあわせ持つ「1台2役」の新端末で需要の底上げをめざす。

新製品は「ギャラクシーフォールド」。両面にサイズの異なる有機ELディスプレーがあり、7.3インチのディスプレーを内側にして本のように畳むことができる。開いた状態では動画が見やすくなるほか、画面を3分割して複数のアプリを同時に使うといった従来のスマホにはなかった特徴も打ち出す。全部で6つのカメラを搭載した。

スマホ大手による折り畳み式端末の発表は初めて。20日に米サンフランシスコで開いた記者会見で、スマホ事業を率いる高東真(コ・ドンジン)社長は「スマホ市場は成熟したと言われるが、我々はそれが誤りだと証明する」と話した。



ssp10-1550690073米調査会社のIDCによれば、世界のスマホの出荷台数は18年に前年比4%減の約14億台にとどまり、2年連続でマイナスとなった。業界では「フォルダブル」と呼ばれる折り畳みスマホが、停滞する市場を活気づかせる「カンフル剤」になると期待されている。ただ普及に向けては、端末の価格や、折り畳み式ならではの使い勝手を提示できるかといった課題もある。

ギャラクシーフォールドの価格は1980ドル(約22万円)から。サムスンが20日に発表した、3眼カメラやディスプレー上での指紋認証機能などを備える6.1インチの新型スマホ「S10」(899.99ドルから)が2台以上買える水準だ。

アプリの開発会社などと組んで、折り畳み式の特長を生かしたコンテンツを打ち出せるかも焦点になる。

韓国ではゲーム会社が市場の活性化に一役買うとの期待がある。スマホのゲームは画面に置かれるユーザーの指が視界を妨げがちだが、新端末は広げるとタブレット並みの画面サイズになり、指を動かしても邪魔になりにくい。ネクソンやネットマーブルなど韓国ゲーム大手が、サムスン電子とフォルダブル対応ゲームについて水面下で協議しているもようだ。

折り畳みスマホをめぐっては、中国の華為技術(ファーウェイ)も19年半ばの発売をめざして開発を進めている。同国のスタートアップ企業、柔和科技は昨秋から中国での予約販売を始めており、1月の家電・技術見本市「CES」でも世界初の折り畳みスマホとして注目を集めた。25日にスペインで開幕する携帯見本市「MWC19バルセロナ」でも複数の折り畳みスマホが発表される見込みだ。