Apple製品の小売業者は、今年1月に中国でiPhone XRの大幅な割引を行いましたが、今度はiPhone XSとiPhone XS Maxが値引きされていることが台湾メディアTaipei Central News Agencyの報道で明らかになりました。

今年1月11日〜30日の間、中国でiPhone XRが大幅割引価格で販売されましたが、今回iPhone XSとiPhone XS Maxの値下げが行われていることがわかりました。

中国の小売業者のSuningは、iPhone XSを店舗で1,000中国元、約150ドル(約16,642円)値下げして販売しており、オンラインショップでは最大195ドル(約21,782円)引きのプロモーションが行われていると報じられています。

iPhone XS Maxに至っては、最大で2,000中国元(約33,287円)の大幅割引が行われているとのことです。



JD.comなどのその他の小売業者もiPhone XSを1,000中国元(約16,642円)、iPhone XS Maxを1,700中国元(約28,299円)値下げして販売しているとされています。

中国でのiPhoneの値下げの効果は限定的であると証券会社Rosenblatt Securitiesが2月末に調査結果を公開しましたが、その後世界的な金融グループUBSのアナリスト、ティモシー・アクリ氏がiPhoneの売上が回復軌道に乗り始めており、中国での売上も上がっているとの新たな見解を示しました。

アクリ氏は、「サプライチェーンのトーン(調子)が改善している」と述べており、ついに売上回復の兆しが見られましたが、今回のさらなる割引でiPhoneの売上はさらに上昇するのか、今後の経過が気になるところです。