シャープの代表取締役会長兼社長の戴正呉氏が4月19日、社内イントラネットを通じて、「2019年度経営計画達成に向け、全社一丸となって取り組もう」と題した、社長メッセージを発信した。
戴会長兼社長は「2018年度の業績は現在集計中だが、『量から質への転換』への取り組みは、着実に進展する一方で、『構造改革ステージから事業拡大ステージへの転換』という点では、経済環境の影響もあり、期中に2度の売上高の下方修正を行うなど、決して満足がいく成果とは言えない。こうした反省を踏まえ、1月中旬から約3カ月にわたって、各事業本部長、BU責任者とともに、中期経営計画の見直しを含めた2019年度経営計画について徹底的に議論を重ねた」と報告。「今回の計画検討にあたって私は、『開源節流』を改めて意識した」と、基本的な考えを示した。


戴会長兼社長によると、「開源節流」とは、「開源」は水源を開発すること、「節流」とは水の流れる量をしっかりと調節することを意味し、健全な財政を、川の流れに例えた言葉だという。
 「シャープの経営においても、グローバル事業拡大や新規事業の創出、M&Aおよび協業などによって売上げを伸ばす『開源』、製造原価の低減、総務経費の削減などのコストを抑える『節流』を両輪とした取り組みを、改めて強化していかなくてはならない」とした。
続いて戴会長兼社長は、堺事業所内に8K+5G EcosystemやAIoTなどを展示した「堺ショールーム」を新設したことについて触れた。
 「シャープが今後、8Kや5G、AI、IoTなど、さまざまな分野で、業界の先頭に立って、新たな世界を切り拓いていくためには、さまざまなステークホルダーに、当社の事業ビジョンや高い技術力を積極的にアピールし、共感を得るとともに、双方が、Win-Winとなる関係を構築することが極めて重要である。
Read full article