サムスンが、香港と上海で予定されている折りたたみスマートフォンのリリースイベントを延期する可能性があるという。Engadget中国版の編集長を務めるRichard Lai氏がツイートした。イベントはそれぞれ現地時間4月23日と24日に開催予定とされていた。

 折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」は先週、レビュー用の端末に問題が生じていると報じられた。この問題は、インターネット上でテック愛好家らの論争の的となり、1980ドル(約22万円)というサムスンの折りたたみスマートフォンの耐久性、さらに折り曲げ可能なデバイスというコンセプトへの疑念が投げかけられた。



 SamMobileが「この件について詳しいと主張する関係筋」の話として報じたところによると、サムスンは会場の問題が延期の原因だと述べたという。モバイル関連の内部情報を取り上げることの多いIce Universeは、リリースイベントだと想定される「2件のイベント」の延期を確認したとしており、スマートフォンの出荷も延期されることを示唆した。

 米CNETが保有しているGalaxy Foldのレビュー用端末は破損しておらず、われわれは画面の問題についてサムスンに問い合わせている。Galaxy Foldのリリースが遅れる可能性があるかどうかコメントを求めたが回答は得られていない。

 発売日が延期される場合でも、米国でのリリースには影響しない可能性もある。The Wall Street Journalのコラムニストのツイートによると、サムスンの広報担当者は先ごろ、米国で4月26日にリリースする計画に変更はないと述べたという。

サムスンは、声明の中で次のように述べた。「限られた数のGalaxy Foldの初期サンプルを、レビュー用にメディアに提供した。当社は、提供したサンプルのメインディスプレイについて数件の報告を受けた。これらのレビュー機を直接、徹底的に検査して、問題の原因を突き止める」

 サムスンは米CNETの取材に対し、次のように回答した。「われわれは、保護レイヤーに関する情報が顧客に明確に伝わるよう、必要なあらゆる措置を講じていく。Galaxy Foldの同梱物には、クイックスタートガイドも含めて、保護レイヤーに関する情報が含まれている。Samsung.comでは、Galaxy Fold専用のFAQを用意し、保護レイヤーに関する情報も含め、ユーザーがGalaxy Foldの扱い方について把握できるようにする。リテール担当者やカスタマーケアは保護レイヤーについての情報を持っており訓練されている」