サムスン電子LCD工場で働いて脳腫瘍にかかった事実について最初に声を上げ、15年間闘ってきたハン・ヘギョンさんが、8回の挑戦の末に労働災害の認定を受けた。

 「半導体労働者の健康と人権守り」(パンオルリム)は5日、サムスン電子LCD事業部の工場で6年間生産職労働者として働いた後、脳腫瘍の判定を受け闘病してきたハン・ヘギョンさん(41)が申請した療養給与の申請が、先月30日、ソウル業務上疾病判定委員会で承認されたと明らかにした。委員会は判定書で、ハンさんが現在はサムスンディスプレー(株)に変わったLCD工場で、17歳の若い年齢でオペレーターとして勤務し、鉛・錫・フラックス・イソプロピルアルコールなどの有害要因に露出された事実などを挙げ、「最近の脳腫瘍の判例および判定委員会で承認された類似疾病の事例を考慮すると、業務の関連性を排除できない」と明らかにした。



委員会は1990年代の事業所安全管理基準と安全認識が現在より劣り、保護装備を着用していなかったり、安全対策が不十分だったものと判断される点、2002年以前の事業場に対する調査が十分でない点なども労災承認要因と判断した。

 ハンさんは1995年11月から5年9カ月間、サムスン電子LCD事業部(現在はサムスンディスプレー株式会社)のモジュール課で、鉛と有機溶剤などに露出した状態で生産職として働いた。在職中にも生理が止まるなどの症状で苦しみ、2001年7月に退職してから4年後の2005年、脳腫瘍の判断を受けた。手術で腫瘍は除去したが、後遺症で視覚・歩行・言語障害1級の判定を受けた。ハンさんは2008年、サムスン半導体白血病闘争を行っていたパンオルリムに初めて脳腫瘍の事例の情報提供をした後、翌年3月に労災を申請したが、疾病判定委員会では不承認決定が下された。続いて、勤労福祉公団の本部審査と労働部の再審査を経て、2015年1月、最高裁判所まで3級審をすべて経たが、結論は同じだった。再び昨年10月、労災を再申請し、勤労福祉公団龍仁(ヨンイン)支社では不承認決定が出たが、ソウル業務上疾病判定委員会は今回決定を覆し、ハンさんに軍配を上げた。発病から15年、最初の労災申請をして以来10年、8回の挑戦の末に成功したのだ。

 ハンさんは「労災認定のニュースを聞いて本当にうれしい」とし、「今後は職場で働いているときに怪我したり病気になったりしたら機関が迅速に処理し、私のような人が出ないようにしてほしい」と感想を述べた。パンオルリムは14日、ソウル貞洞(チョンドン)のフランシスコ会館で、ハンさんの労災認定を祝う音楽会「あなたは花の香りがします」を開くことにした。