韓国サムスンの折りたたみスマートフォンGalaxy Foldは本来の発売日だった4月26日からいったん発売延期とされ、その後「6月中に発売される可能性は低い」、つまり早くても7月以降に発売されるとの観測が報じられていました。

しかし7月発売も無理で、正式な発表スケジュールはまだ設定されていないとの噂が伝えられています。

韓国メディアThe Korea Heraldによると、サムスン関係者は7月発売の噂を否定する一方で、メディアイベントのスケジュールや正式な発売日はまだ設定されておらず「4月の発売延期以降、何の進展もなかった」と語ったことが報じられています。



ちなみに今月10日(米現地時間)、サムスンの広報はGalaxy Foldの正式な発売日を「今後数週間以内に」発表するとの声明を出しました。もし今回の噂が本当だとすれば、「今後数週間」はより長引くのかもしれません。

しかし、上記の「4月以降、何の進展もなかった」とする関係者の証言は、具体的に何を意味するのか不明です。先月半ばの時点では、サムスンは故障報告が集中していたディスプレイ周りの改修に焦点を当てており、画面の保護レイヤーを取り外し不可にするとともに、異物の侵入を許すヒンジ部分の露出も最小限に抑えたとの報道がありました。

そもそも、そうしたデザイン面での補修は存在しなかったのか。それとも、追加の補修のみでは対処できない重大な問題が見つかったのか。現時点では明らかではありません。