adidas-grip-case-for-iphone-xs-max-review-32018年と2019年に続き、Appleは2020年もiPhoneの3モデル体制を維持するようだ。

17日、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleに関する投資家向けレポートを公開。そのレポートには、2020年のiPhoneに関する情報が含まれている。

Kuo氏のレポートによると、Appleは2020年に3種類のiPhoneを発売する予定であるとのこと。具体的には5.4インチ/6.7インチの有機ELディスプレイを搭載したモデル、そして6.1インチの有機ELディスプレイを搭載したローエンド (低価格モデル) の3種類。以前に台湾メディアDigiTimesが報じていたものと同じ内容だ。



このうち、5.4インチ/6.7インチの上位2機種に関しては次世代モバイル通信規格 「5G」 に対応し、廉価版の6.1インチモデルについてはLTE (4GB) をサポートするとのこと。5GのモデムチップはQualcommが主要サプライヤになる予定で、Samsungが一部の供給を補完する役割を担うとしている。

一時、Appleは5Gモデムチップを独自に開発していると噂されていたが、それは早くても2022年まで開発は完了しない見通し。それまではQualcommなど他社のチップを搭載するほかないようだ。

また、2020年のiPhoneの5G対応はあくまで限定的だが、すべての機種が5Gに対応するのは2021年になる予定。2021年のiPhoneがどのようなラインナップになるのかは不明だが、これまでの噂どおり2020年が大幅なデザイン変更を伴うメジャーアップデート端末となるなら、2021年のiPhoneは2020年モデルのデザインを踏襲することになるだろう。

ちなみに、Ming-Chi Kuo氏は今後のiPhoneの販売台数(グローバル)を予測している。Kuo氏によると、トリプルレンズカメラ搭載を目玉にした2019年のiPhoneは、1億8800万台~1億9200万台が売れるという。そして2020年の5Gに対応した次世代型iPhoneの販売台数は1億9500万台~2億台になるとのこと。

iPhoneの販売不振を不安視されているのが現状だが、もしKuo氏の予測が的中したと仮定したなら、残念ながらAppleは5Gに対応したiPhoneをもってしても、最盛期の販売台数を上回ることはできないようだ。