シニョンプレシジョンから解雇された女性労働者たちが、 元請のLG電子に雇用惨事事態を共に解決しろと要求した。 彼らはLG電子がシニョンプレシジョンの営業多角化を防いている状況で、 生産工場まで海外で移転させ、 これによる物量減少が解雇の重要な原因になったとして、 LG電子の責任を問いかけている。

金属労組ソウル南部地域支会シニョンプレシジョン分会は6月14日午後、 ソウル市永登浦区のLG電子本社前で 「シニョンプレシジョン雇用惨事LG電子糾弾集会」を開いた。 シニョンプレシジョン分会は 「LGの携帯電話事業が赤字だという理由だけで、 下請企業の雇用惨事に対する責任を避けることはできない」とし 「LG電子はシニョンプレシジョンで発生した雇用惨事問題を どう解決するのか、方案を出さなければならない」と要求した。



シニョンプレシジョン分会のイ・ヒテ分会長は、 LGが下請企業の成長を妨害していると説明した。 イ分会長は「LGは緊急な時に、下請企業をすぐ使うため、 下請企業がLG物量以外の別の仕事を引き受けることができないように勧めた。

下請の立場ではLGだけをながめて暮らすのは大変なので、 シニョンプレシジョンもLGに隠れて営業多角化を推進しようとしたが、 その過程で露呈してシニョンプレシジョンの経営陣の数人を総入れ替えして状況が終了した」とし 「LGはシニョンプレシジョンの雇用惨事に対してとても大きな責任がある企業」だと強調した。

Read Full article