米アップルのリサ・ジャクソン副社長は都内で講演し、日本の3社を含む世界のサプライヤー44社が同社に供給する部品の生産に使う電気を再生可能エネルギーにしたと報告した。また、風力発電所の建設などでアップルの環境分野への投資額が25億ドル(2700億円)に達した。「我々は正しい政策を求めている」とし、各国の政治家と再生エネ普及について議論していると語った。



 ジャクソン副社長は環境や社会政策を担当する。再生エネ普及を求める企業グループが主催したイベントに登壇した。アップルは事業で必要な電気全量の再生エネ化を達成済み。2015年からサプライヤーにも再生エネ利用を呼びかけており、日本からイビデン、太陽インキ製造、日本電産の3社が応じた。また、サプライヤーの再生エネ使用は500万キロワットに達した。

 「世界中でクリーンエネルギーを購入したい」とし、各地で再生エネ普及に取り組む。中国では3億ドルを拠出して再生エネ事業を支援するファンドを設立し、6省で風力や太陽光発電所の事業が始まった。

OD>世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力システム編 (New Thinking and New Ways E-Bo) [ 安田陽 ]
OD>世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力システム編 (New Thinking and New Ways E-Bo) [ 安田陽 ]