yk30028_01_DAIV-NG5820 マウスコンピューターは7月23日、4K表示対応の有機ELパネルを搭載したクリエイター向け15.6型ノートPC「DAIV-NG5820」シリーズを発表、本日販売を開始した。価格は22万9800円から(税別)。

 ディスプレイとして3840×2160ピクセル表示対応の有機ELパネルを採用したノートPCで、DCI-P3比100%の色域をサポートし、Windows 10のHDR機能にも対応した。



 パネル以外の基本スペックは従来モデルの「DAIV-NG5810」に準じ、CPUはCore i7-9750Hを、グラフィックスコアはGeForce RTX 2060を搭載する。最小構成モデルの「DAIV-NG5820S1-M2S2」選択時でメモリは16GB、ストレージは256GB NVMe SSDを内蔵、バックライト付きキーボードや指紋認証センサーなども標準で装備している。導入OSはWindows 10 Home 64bit版だ。