中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は6日、7日に予定していた2019年4~6月期連結決算の発表を9日に延期すると発表した。中国ファンドなどと金融支援の正式契約を交わした上で、9日に共同で記者会見する予定だという。



 JDIは、決算発表が遅れる理由について、金融支援を巡る中国ファンドなどとの協議が続いており「決算短信に記載予定の契約内容の確定に時間を要しているため」だと説明している。

 JDIは、スマートフォン向けのパネル販売などの不振で業績が悪化し、債務超過に転落する寸前まで財務内容が悪化している。