科学や芸術の発展に貢献した国際的な業績をたたえる第35回京都賞の授賞式が10日、京都市内であった。有機ELの実用化に道を開いた化学者で香港科技大学教授・ロチェスター大学名誉教授のチン・W・タン氏(72)ら3氏に、主催する稲盛財団(金澤しのぶ理事長)からメダルと賞金1億円がそれぞれに贈られた。

タン氏は米イーストマン・コダック在籍時に発光効率が高く、低電圧で動く有機EL素子の構造を考案。授賞式でタン氏は「何年も研究を続けてこられたのは、いつも実験がしたくて、新しいことにチャレンジすることを恐れていなかったからではないか」と語った。







他の受賞者は、宇宙の3次元デジタル地図を作る国際プロジェクトで指導的役割を果たした宇宙物理学者でプリンストン大学名誉教授のジェームズ・ガン氏(81)、「太陽劇団」を半世紀以上にわたって率いた演出家のアリアーヌ・ムヌーシュキン氏(80)。
11日には3氏の記念講演会が開催された。タン氏は「有機ELは曲げたり、巻いたりすることもでき、メガネや腕時計など新しいアプリケーションが期待できる」と指摘。劣化などの問題についても世界で技術開発が進んでおり、「液晶に勝つことができると自信を深めている」と語った。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ