シャープ 代表取締役会長兼社長の戴正呉氏は12月9日、社内イントラネットを通じて、社員宛にメッセージを配信した。「年末商戦を全社一丸となって戦い抜き、2020年の成長につなげよう」と題し、残り4カ月となった中期経営計画の達成に向けて、社員の奮闘を呼びかけるとともに、2020年度以降に向けて、トランスフォーメーションを進化させる必要性について説いた。
最初のテーマとしたのが、12月10日に支給される2019年度冬季賞与の支給についてだ。
 シャープでは、賞与の支給を、従来の年2回から3、6、12月の3回に変更することを打ち出しており、今回が、新たな賞与制度では最初の支給となる。
 戴会長兼社長は、「『四半期ごとの部門業績をタイムリーに反映する』、『部門業績により重点をおく』、『より厳格な信賞必罰を実施する(赤字の場合は部門業績連動賞与ゼロ)』の3つをポリシーとした新たな賞与制度に基づいて支給される初めての賞与になる。






 その上で、「上期トータルでは売上高、営業利益ともに前年割れ、業績予想未達と決して満足のいく結果ではない。加えて、通期業績予想は変更しておらず、残された期間を、全社をあげて、さらなる業績向上に取り組む必要がある。
そこで、2019年度の着地に向けて一層のがんばりを期待して、賞与とは別枠の社長ファンドとして、『COCORO MEMBERSクーポン』を国内勤務者対象に支給する。残り4カ月間、ともにがんばろう」と、新たな賞与制度に加えて、社長ファンドを設定することで、社員の奮闘を期待した。
Read full article