シャープは、2020年1月7日から10日にラスベガスで行われる、世界最大級の家電見本市「CES 2020」での出展内容を公開した。

テーマは、「“Realize” ~8K+5GエコシステムとAIoTワールドによるスマートライフの実現~」とし、最先端の機器やソリューションの展示を通じ、変革を続ける同社の取り組みを世界に発信するという。





ブースは8K+5Gエコシステム、AIoTワールド、Businessの3つに分かれており、8K関連では、世界最大級の「120V型8K液晶ディスプレイ」、実機初出展の「8K PC(dynabook)」を展示。そして5G関連では、日本向けプレサービス機となる「5Gスマートフォン」「5Gルーター」も並ぶ予定となっている。

そのほか、AIoTとしてキッチンソリューションやエアーソリューション、ビジネス向けとして「巻取型 30V型 4Kフレキシブル有機ELディスプレイ」「31.5V型 反射型液晶ディスプレイ」も展示する。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ