12月4日(水)~6日(金)に、幕張メッセ(千葉県)で「ファインテック ジャパン 2019」が開催された。経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)もブースを出展し、新しい技術や開発品を多く展示していた。11月から量産出荷を開始したとされる有機ELディスプレーについては展示が無かったが、同社の得意とするインセルセンサー技術や、車載向けディスプレーのほか、11月28日に発表したばかりのマイクロLEDディスプレーや透明ディスプレーなどが展示され、高い注目を集めた。
 注目を集めていたのが、1.6型のマイクロLEDディスプレーだ。数年前から米glo社と開発に着手し、共同ラボで開発を続けてきたという。試作品のスペックは、画素数300×RGB×300の265ppiで、数十μm大のマイクロLEDを27万個搭載した。輝度は300㏅/㎡で、視野角は178度以上。






 マイクロLEDディスプレーは、LEDそのものが画素となるため、液晶ディスプレーには不可欠なバックライトや、偏光板、カラーフィルター(CF)が不要で、次世代ディスプレーとして注目度も高く、実用化が実現すれば、史上最高のディスプレーになると言われている。
 ディスプレーパネル内にタッチパネルのセンサーを作り込むインセル技術「Pixel Eyes(ピクセルアイズ)」の技術を応用展開し、曲げても割れない静電容量式フレキシブル指紋センサーを展示した。5月に発表した際のスペックは、有効センサーサイズ約10.5mm×約14mm(約0.7型)、階調数は256。既存のガラス指紋センサーの特長をさらに活かし、大きなサイズのセンサーや、商品のデザイン性を高める透明センサーなどの開発を進めている。展示した指紋センサーは、支持基板ガラス上に塗布されたポリイミド(PI)フィルムの上に静電容量式センサーを作り込んだ。
Read full article