ドナルド・トランプ大統領は22日(現地時間)、アップルに関税免除を与えると言及する過程で、再びサムスン電子を言及した。サムスン電子と「不公平な(not fair)競争」をしているアップルを助けるために関税を免除した、との発言だ。

 世界経済フォーラム(WEF)出席のためスイス・ダボスを訪問中のトランプ大統領はこの日、CNBCとのインタビューで「韓国からきたサムスン電子は、アップルの最強(number one)ライバル」とし、このように述べた。





 トランプ大統領は「正直私は、アップルをたくさん手助けした。アップルは優秀な企業だが、それ(関税免除)は大きな差をつくった。皆さんご存じの通り、アップルはサムスン電子と競争している」とした上で、「我々は韓国と貿易協定を結んでおり、不公平だ」と主張した。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ