キャロン氏は米国出身、1964年12月生まれの55歳。米シリコンバレーで育つが、父親の転勤で1歳から3年間は東京に在住した。生まれて初めて出た言葉は日本語だったという。プリンストン大学在学中の1984年の松下電器産業(現・パナソニック)の研修生として受け入れられ、1990年には慶應大学で日本語研修を受けている。
1994年に再来日し、日本開発銀行やバンカース・トラスト、英プルデンシャルグループ、モルガン・スタンレー証券株式統括本部長などを経て、2006年にいちごアセットマネジメントを創業した。同年には日本の永住権を取得している。






キャロン氏は投資した企業に対しては短期的な利益ではなく中長期の成長を求め、「物言う株主」とは正反対の「物聞く株主」と評価される。その一方で、2007年には委任状争奪戦(プロキシーファイト)で、東京鋼鐵が大阪製鐵の完全子会社になるとした会社側提案を否決に追い込んだ。ただ聞いているだけでなく、「言う時には言う」株主でもある。
JDI再建の主役に躍り出たキャロン氏の「再建戦略」は、まだ明らかにされていない。いちごは前身企業の流れをくむ不動産投資を得意とし、ユニゾホールディングスや長谷工コーポレーションへの投資も積極的に進めている。
Read full article
まんがでわかる オーナー社長のM&A [ 大山敬義 ]
まんがでわかる オーナー社長のM&A [ 大山敬義 ]