韓国のサムスン電子が2020年のうちに、テレビ向け大型液晶パネルの生産から撤退を検討していることが明らかになった。かつて日本勢のお家芸だった液晶パネル産業を駆逐したサムスンなどの韓国勢は、足元で中国勢との競争が激化。優勝劣敗が激しい産業を物語っている。

サムスンの大型液晶パネルを含むディスプレイ事業は2019年1~3月期に3年ぶりの赤字に転落。2019年通年でも営業利益は前年比4割減の1兆5800億ウォン(約1400億円)にとどまった。同事業の稼ぎ頭はスマートフォン向けを中心に世界で約8割のシェアを握る有機ELパネルであり、生産撤退を決めたテレビ向けの大型液晶事業は赤字が続いていた。





サムスンは2010年代半ばまで、同じ韓国のLGディスプレイと大型液晶パネルで世界シェア首位の座を争っていた。両社のシェアはそれぞれ約2割あったが、サムスンはこの5年のうちにシェアを落とし、2017年以降はシェア1割前後で世界5位に低迷していた。

Read full article

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ