中国の有機EL(OLED)メーカーであるVisionoxが、インカメラを埋め込んだディスプレイの量産を他社に先駆けて開始すると発表しました。ITHome、および精度の高いリーク情報で知られるIce universe(@UniverseIce)氏が伝えています。画面下カメラ搭載スマートフォンの登場が期待されます。

ディスプレイ下にインカメラを埋め込んだスマートフォン自体は、Oppoが2019年に試作品を披露していますが、商品化には至っていません。Oppoは試作品を発表した際、カメラを覆う画面が障害となり、明るさと色をうまく再現できないのが課題だと説明していました。





Visionoxはこの課題を、異なるフィルム素材を組み合わせ、カメラ周辺の透過性を上げることによって解決しています。また新しいソフトウェアアルゴリズムにより、明るさ、色域、視野角の問題をクリアにし、Oppoの試作品で見られたグレアの発生も抑えることに成功したと説明しています。

Read full article