韓国Samsung Electronicsは7月22日(現地時間)、2月に発表した折りたたみ端末「Galaxy Z Flip」の5Gモデル「Galaxy Z Flip 5G」を発表した。米国では8月7日に1449.99ドル(約15万5000円)で発売する。

Galaxy Z Flipの米国での販売価格は1380ドルだったので、約70ドル高い。プロセッサとして米Qualcommが今月発表した5G対応の「Snapdragon 865 Plus」を搭載する他には、ハードウェア的な違いはない。






ソフトウェア的には、Galaxy Z Flipのユーザーからのフィードバックに基づいて、幾つかの新機能を追加した。例えば、フレックスモードではYouTubeを上の画面でストリーミングしながら下の画面でコメントを読んだり、コメントを追加したりできる。また、マルチウィンドウトレイでアプリをマルチタスクで実行できる。これらの機能は恐らくGalaxy Z Flipにもアップデートで使えるようになるだろう。

 Samsungは8月5日に大規模なオンラインの製品発表イベントを開催する予定だが、Galaxy Z Flip 5Gはその前に発表された。5日のイベントは盛りだくさんになりそうだ。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ