タッチディスプレイは常にスマートフォン体験の中心になるもので、画面の使用時間は通話時間やデータ消費量よりも重要なユーザー測定基準になっている。多くの人にとってスマートフォンのディスプレイはデジタル世界への“主要な窓口”であるため、ディスプレイの品質(視覚的な品質とタッチ体験の両方)がスマートフォンの価値の中核であるのはもっともなことだ。
ディスプレイは、表示領域のサイズから、カメラやセンサー用のカットアウト、デバイス自体の全体的な厚さまで、スマートフォンの物理的な形状に大きく影響する。近年、ディスプレイはスマートフォンの前面全体を覆うように大きくなっていて、ベゼルレスになったり、折り畳めるようになったりしている。






 
ディスプレイ技術の変化は、今後もスマートフォンの進化の原動力となると思われる。Synapticsは、スマートフォンのディスプレイの進化の最前線に立って、新しいディスプレイ技術の実現に必要な主要技術の多くを生み出し、ディスプレイ技術をけん引してきたメーカーの一つだ。Synapticsのタッチ技術とディスプレイ技術は、多くのハイエンドモバイルデバイスに採用されている。
ディスプレイ市場は、LCDとOLEDという2つの陣営に分かれている。LCDは旧式の技術だが、市場シェアは依然として首位を維持している(最近、Appleからより小型で低価格なLCDデバイスが発売された)。一方、OLEDは現在、ハイエンドスマートフォンの標準デバイスになっている。
Read full article