Nikkei Asiaによれば、同社と、移動体通信機器の分解・解析・原価計算の専門企業であるFomalhaut Techno Solutionsが、iPhone12 Proの分解記事から内部の構成部品を分析した結果、製造原価は406ドル(約42,500円)、韓国企業製の部品が全体の約27%を占め、昨年モデルよりも9.1%増加したと指摘しています。

iPhone12 Proの部品の構成比は、韓国企業製のものが26.8%、米国企業製のものは21.9%だったとのことです。





この違いには、有機EL(OLED)ディスプレイがSamsung製であることが影響しているようです。 iPhone12 Proの主な部品単価について、GizmochinaやiPhone in Canadaが下記の通り報告しています。

 

部品名予想単価
Samsung製OLEDをディスプレイ約70ドル(約7,350円)
Qualcomm X55 5Gモデム約90ドル(約9,450円)
A14 Bionic約40ドル(約4,200円)
メモリ(RAM)12.8ドル(約1,344円)
フラッシュメモリ19.2ドル(約2,016円)
ソニー製カメラセンサー5.4ドル〜7.9ドル(約567円〜約830円)

 

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ