出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木藤 俊一、以下当社)は、2021年1月からの出荷に向け、アジアで3カ所目の有機EL材料製造工場「出光電子材料(中国)有限公司 成都工場」(総経理:中島 光茂、以下成都工場)の本格稼働を、このたび開始しました。成都工場の生産能力は当社グループ最大の12トン/年で、有機ELディスプレイ生産国として著しく成長する中国において、顧客への材料安定供給を目指します。

成都工場の本格稼働開始により、当社グループの有機EL材料供給能力は合計で22トン/年となります。御前崎製造所(日本・静岡県、生産能力2トン/年)、出光電子材料韓国(韓国・パジュ、生産能力8トン/年)、成都工場の3カ所の運営を通じ、各国における需要拡大に対応します。






本格稼働開始にあたり、中国政府関係者や取引先など約100名の来賓が出席したオープニングセレモニーを、12月1日に実施しました。このセレモニーで当社は、ディスプレイ産業の発展が著しい中国において、ディスプレイの高機能化に対応した有機EL材料を供給することを通じ、技術革新へ貢献していくことを宣言しました。

当社は今後も、有機EL材料の顧客ニーズに対応すべく、国内外において安定的な供給体制の構築を図ります。

【成都工場 概要】
(1)名称 : 出光電子材料(中国)有限公司 成都工場
(2)所在地 : 中華人民共和国四川省成都市
(3)生産能力 : 12トン/年
(4)生産品目 : 有機EL材料

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ