大画面☆マニアで、パナソニックの有機ELテレビを取り上げるのは久々だ。
もともとパナソニックはプラズマテレビに最後までこだわり抜いたメーカーであり、自発光パネルを使ったテレビ開発に関しては、他の国内メーカーよりも数段上の知見がある。そんなパナソニックの最新有機ELテレビの実力はいかほどのものなのか。チェックしてみることにした。
なお、今回取り上げたモデルは、55型の4K有機ELビエラ「TH-55HZ2000」だ。実勢価格は約30万円になる。
薄型軽量のイメージが強い「有機ELテレビ」。 確かに映像パネルそのものは薄型軽量だが、実際にテレビ製品となると堅牢な作りとする必要があるため、かなりガッチリとした作りとなる。
TH-55HZ2000も最外周部分は実測で6mm程度の厚みだが、それ以外の部分は、本機よりも薄い液晶テレビもあるだろう。重量も同じで、4K有機ELテレビ製品は意外と重い。






本連載をチェックしてくれている読者の方々には今さら改めて言うまでもないが、本機にはLGディスプレイ製の4K有機ELパネルが使われている。
パナソニックでは、有機ELパネルのコア部はそのまま使いながらも、パネルの駆動回路や冷却構造を独自設計とし、さらに自社工場で組み立てることで、パネルの表示性能を限界付近、あるいは一部限界以上にまで引き出すレベルにまで高めている。
これが独自の「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」だ。
夜の街のシーンは、街灯やネオン看板の自発光物の輝きが、それらの光で照らされる街並みや行き交う人々、車とはレベルの違う明るさで輝いており、空間再現度が高い。逆に夜空や光が当たっていない場所は漆黒となっており、この漆黒が文句なしに完全再現できているのは自発光の有機ELならでは描写力といったところだ。
Read full article