業界地図20212100000スマートフォン(スマホ)でも有機ELパネルの搭載が増える見通しで、液晶から有機ELへのシフトが進む。

有機EL分野は韓国企業が強かったが、ここでも中国勢の存在感が高まっている。 ディスプレーは主にテレビ向けの大型パネルと、パソコンやスマートフォン(スマホ)向けの中小型パネルに分かれる。

主流の液晶パネルから、色の再現性が強みの有機ELパネルへの移行が進みつつある。





2020年上半期は新型コロナウイルスの感染拡大で、生産停滞や主力市場の米欧の外出規制などの影響を受けた。主力のスマホ向けで有機ELパネルの搭載が今後増える見通しで、液晶から有機ELへのシフトが進みそうだ。韓国・サムスン電子が市場を独占していたが、中国企業が本格量産に踏み切るなど中国勢の存在感が高まっている。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ

日経業界地図 2021年版 [ 日本経済新聞社 ]
日経業界地図 2021年版 [ 日本経済新聞社 ]
「会社四季報」業界地図 2021年版 [ 東洋経済新報社 ]
「会社四季報」業界地図 2021年版 [ 東洋経済新報社 ]