sharp lcd tv 0062001年1月1日に、第1号機である「AQUOS LC-13C1/15C1/20C1」が発売されてから、ちょうど20年目を迎えたシャープの液晶テレビ「AQUOS」。2020年1月11日に成人の日を迎えた20歳の人たちは、国内で約124万人。AQUOSは、今年の新成人とともに歩んできた「同世代」の商品だといえる。前編では、これまでの20年間のAQUOSの歩みを追ってきたが、今回の後編では、これからのAQUOSの方向性を捉えてみたい。

AQUOSは、2020年9月に累計販売台数が5,000万台に達したところだ。
そしてAQUOSは、発売から20年間に渡り、国内トップシェアを誇る液晶テレビのブランドとして君臨している。 では、これからの20年間、AQUOSはどんな進化を続けるのだろうか。





シャープ 執行役員 TVシステム事業本部長の喜多村和洋氏は、「AQUOSユーザーを、テレビの次の時代に連れていくのが我々の責務である。8Kや5Gの活用、AIoT家電との連携、セキュリティの実現、教育利用、eコマースによる物品の購入など、生活のあらゆるシーンをサポートし、人々の生活において、一番のパートナーとなれるような提案をしていきたい」と語る。

そして、AQUOSの今後の方向性として、「テレビの視聴の変化への対応」、「コンテンツの変化への対応」、「家庭のスマート化への対応」の3点をあげ、「これからの20年も、顧客のーズの変化を的確に捉え、同時に新たなニーズを掘り起こす姿勢は変えない。それに向けた技術開発、商品開発を進めていく」とする。

Read full article

【中古】シャープ SHARP AQUOS アクオス 13V型液晶テレビ LC-13C1-S

【中古】シャープ SHARP AQUOS アクオス 13V型液晶テレビ LC-13C1-S