独ブルッフザール--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ)-- OLED業界で新しい革新の推進力を打ち出すサイノラは本日、次世代OLEDディスプレー用の熱活性化遅延蛍光(TADF)ベース深緑色発光体のデバイステストキットについて、顧客への提供を開始したと発表しました。この進展は、TADF技術にとって業界初の重要な節目となる成果であり、サイノラが約束したロードマップの確かさを裏付けています。

cyUltimateGreen™として知られるこの製品は、20%以上の効率を実現しており、トップクラスの発光デバイスに関する現在の業界仕様である150cd/Aを満たしています。400h LT95@15mAの寿命と、現行のDCI-P3標準と合致するカラーポイントとスペクトルを実現しました。さらに本製品は、DCI-P3よりも高い色純度が求められ、色深度を大幅に拡大する色域標準規格のBT2020とも適合性があります。





この重要な成果は、材料技術の画期的成果を実現し、ディスプレーメーカーが新世代OLEDが持つ効率の可能性を十分に引き出すことに役立ち、市場を一変させるOLED製品を促すでしょう。まず、TADF深緑色から開始して、間もなくTADF深青色ソリューションも含める予定です。

Read full article