自動運転車の開発と電気自動車(EV)シフトが加速するなか、韓国企業による市場獲得の動きが活発化している。
サムスン電子は4月1日、EV大手テスラと発光ダイオード(LED)ヘッドランプの大型供給契約を結んだことを明らかにした。韓国紙ビジネスコリアが伝えた。
サムスン電子のEV関連産業進出は2015年。車両用LEDを重点分野のひとつとしてきたが、近年は中国企業との価格競争が激化し、撤退の可能性も指摘されていた。





今回のテスラとの契約で事業拡大に弾みをつけ、車両用LEDのグローバル市場シェアで大きな存在感を示す日本の日亜化学工業、ドイツのオスラムとの差を詰めたい考えだ。

なお、車両用LEDについては、同じ韓国のソウル半導体(セミコンダクター)もシェア拡大を続けている。

サムスン電子は3月15日にも、グーグル親会社アルファベット傘下の自動運転開発部門ウェイモと次世代自動運転車向けの半導体の設計・開発を受注したと報じられている。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ