米市場調査会社のガートナーが6月7日に公表したレポートによると、2021年1~3月の世界スマートフォン販売台数は3億7799万台で、1年前から26%増と、2桁成長した。経済回復への期待や在宅の継続、20年からの繰延需要などが販売を押し上げた。

 米消費者信頼感指数が大幅上昇するなど、消費者は景気や労働市場について楽観を強めており、支出も増えている。ただし昨年1~3月期の販売台数は新型コロナの影響で前年同期比約20%減の約3億台。ガートナーが統計を取り始めて以来最大の落ち込みだった。今年1~3月期の台数を一昨年と比べると横ばいにとどまっている。





 21年1~3月のメーカー別販売台数の上位5社は、

1.「韓国サムスン電子」
2.「米アップル」
3.「中国・小米(シャオミ)」
4.「中国vivo(ビボ)」
5.「中国OPPO(オッポ)」

の順。

 中国・華為技術(ファーウェイ)は、米政府による半導体などの禁輸措置が響き、トップ5から姿を消した。また、前の四半期に首位に浮上したアップルは順位を1つ落とし、サムスンが首位に返り咲いた。

サムスンの販売台数は前年同期比18.4%増の7661万台。150米ドル(約1万6400円)以下などの低・中価格帯製品の市場投入が寄与したほか、高速通信規格「5G」対応の旗艦モデルも好調だった。

 アップルの販売台数は5855万台。同13.6%増と、2桁伸びた。20年10月以降に発売した5G対応の「iPhone 12」シリーズが引き続き好調だ。

ガートナーは21年の世界スマートフォン販売台数が前年比11.4%増の15億台になると予測している。20年は新型コロナの影響で同10.5%減少したが、今年は回復が見込めるという。21年における5G対応スマートフォンの販売台数は5億3900万台で、全販売台数の35%を占めるとみている。

  一方で、この市場は上位メーカーへの集約が進んでいる。21年1~3月期におけるサムスン、アップル、シャオミ、OPPO、vivoのシェアの合計は69.1%。前年同期の57.4%から拡大した。


※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ