サムスン17213210サムスンディスプレイが省電力有機発光ダイオード(OLED)技術で、温室効果ガスの排出削減の先頭に立っている。

サムスンディスプレイは昨年生産したスマートフォンやノートパソコン・スマートウォッチ用OLEDパネルの総電力消費量が2017年の消費量の約30%水準である239GWhに減少したと21日、明らかにした。これは11万tの温室効果ガスを削減したことと相応する数値だ。
サッカー場5600あまりの面積に約1700万本の松の森を建設した時、吸収できる炭素量に匹敵する効果だ。

サムスンディスプレイは年間4億台ほどのOLEDを生産する。独歩的な省電力OLED技術を通じて2018年、2019年にも2017年比それぞれ4万t、8万tに達する温室効果ガスの削減効果を収めた。 





中国スマホ0-view
サムスンディスプレイは毎年、発光効率を高めたOLED有機材料を新たに披露している。これを通じ、スマートフォン、ノートパソコンなどに採用されるパネルの消費電力を下げるのに貢献している。また、使用者のコンテンツによって、走査速度が変わって消費電力を削減する「Adaptive Frequency」の開発に成功し、省電力OLED技術を高めた。 

サムスンディスプレイの関係者は“電子機器、特にモバイル機器の消費電力は使用者の便宜性の側面だけでなく、地球温暖化の側面からも非常に重要な問題”とし、“今後も持続可能な製品生産のために低電力、エコ技術の研究開発を続けていく計画”と述べた。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ