iphone mini 12 458_1024xこれまでも何度か生産減が報じられてきた、Apple(アップル)の「iPhone 12 mini」。その先行きが気になる今日この頃ですが、海外からはとうとう「生産が終了した」との報道が飛び出してしまいました。

台湾調査会社のTrendForceによれば、iPhone 12 miniの生産は今年の第2四半期(4月〜6月)に「前倒しで生産が終了された」とのこと。そして、今後は既存の在庫のみが販売されると報告されているのです。

iPhone 12シリーズのなかでも5.4インチディスプレイを搭載し、最も小型なモデルとして登場したiPhone 12 mini。





上位モデルと同じ最新プロセッサや美しい有機ELディスプレイ、それにFace IDなどを搭載した「小さくてもハイエンドなiPhone」として、小型スマートフォンファンの期待を一身に集めてリリースされました。

しかし実際に販売されると、ハイエンドモデルを求める人はより大型な「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 Pro/12」を購入し、廉価なモデルが欲しい人は「iPhone SE(第2世代)」を求めるなど、iPhone 12 miniへの需要は大きくなかったのです。

なお現時点では、アップル公式サイトではiPhone 12 miniを引き続き購入できます。多分僕のように、「小型スマホは好きだけど、そんなに欲しくはない」という人が世間には多かったので、このような結末となってしまったのではないでしょうか。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ