NTTドコモとソフトバンクから2021年6月25日に発売されたシャープのハイエンドスマートフォン「AQUOS R6」が注目を集めている。価格.comの「スマートフォン」カテゴリーでは、人気・注目度ランキングで4位、ユーザーレビューの投稿数も25件と活況だ(いずれも2021年7月6日時点)。その使用レビューをお届けしよう。
「AQUOS R6」のボディサイズは、約74(幅)×162(高さ)×9.5(厚さ)mmで、重量は約207g。手にした際のサイズ感もなかなかのものだ。なお、このボディはIPX5/8等級の防水仕様と、IP6Xの防塵仕様をクリアしている。また、FeliCaポートは、交通系ICカードの併用対応だ。そのいっぽうで、ワイヤレス充電の「Qi」には、前モデル「AQUOS R5G」と同様、非搭載、フルセグ・ワンセグのテレビチューナーも本機でついに非搭載となった。






歴代の「AQUOS R」シリーズは、ディスプレイにシャープならではのIGZO液晶を採用していたが、本機は新たに自社製の6.6インチ有機ELパネル「Pro IGZO OLED」を搭載する。このディスプレイは2,730×1,260の解像度と2,000nitの輝度、2,000万:1のコントラスト比を実現した高性能なもの。10bitカラー出力やDolby Visionにも対応している。また、1Hzから240Hz(残像低減機能付き)までの可変リフレッシュレートに対しており、高速駆動と低消費電力を両立しているのも特徴だ。なお、タッチ操作の応答速度に影響するタッチサンプリングレートは公開されていない。
このディスプレイが実現する2,000nitという輝度は、「AQUOS R5G」の1000nitよりはるかに明るく、屋外でもとても鮮明に映像を表示できる。また、暗い場所でも階調の破綻は見られない。画面自体の面積が広く、画面解像度も高く、明るく、リフレッシュレートも高い本機のディスプレイは、本機の大きな魅力と言える。ライカ監修のカメラにばかり注目が集まりやすいが、そのカメラで撮影した写真を映し出すディスプレイもそれに負けないほどの高画質と言える。
Read full article