Huawei  qVoCcAAcms3調査会社Sigmaintell(群智諮詢)は2021年8月25日、同年8月の液晶パネル(TFT-LCD)価格を公表、テレビ(TV)用の価格はサイズを問わず、前月から10~20米ドルの大幅な下落を見せ、同社の事前予想を大幅に超えたとした。
需要供給バランスの変化に伴い、第3四半期の後半に入るとLCD TVパネル市場での交渉権は、サプライチェーンの上流から下流に移りました。





需要面では、輸出販売の需要が大幅に落ち込み、中国国内市場も低調に推移し、在庫も増加しています。テレビメーカーのパネルストック戦略は保守的になり、需要は急激に落ち込んでいます。
供給面では、パネルメーカーが比較的高い稼働率を維持し、液晶テレビパネルの実効供給量は引き続き増加しました。
パネルメーカーは積極的に製品ミックスを調整しているものの、全体的な需要の急激な落ち込みを背景に苦戦しています。