サムスンが8月、折り畳み式の最新スマートフォン「Galaxy Z Fold3 5G」を発表した。同社で第3世代の折り畳み式スマートフォンとなる。上下に折りたたむ方式を採用した「Galaxy Z Flip 5G」も同時に発表された。

ファーウェイとシャオミ(小米科技)の折り畳み式モデルと比較すると、サムスンの新製品はヒンジ(ちょうつがい)の技術とディスプレイ品質で耐久性と使用体験を大幅に向上させた。

技術改良がされているにもかかわらず、先代までの製品に比べて安いため、今回の2つの新モデルは全世界の市場で人気を博している。韓国、米国はもとより、中国市場での予約台数も好調だ。





韓国では8月17日から23日までの販売予約期間中、Galaxy Z Fold 3とGalaxy Z Flip 3を合わせて92万台の注文が入った。米国市場では同2機種の予約台数が、1月から7月までのGalaxy Z Fold 2の総販売台数を超えている。中国市場での予約台数も100万台を超えた。

サムスンにとってこれは喜ばしいニュースだ。長年に渡りサムスンは中国市場で業績が落ち込んだままで、市場でも同社のスマホを目にすることは少ない。この折り畳み式の新モデルで中国市場での復活を目指す。

サムスン以外にも、中国国内のスマホメーカーが次々に折り畳み式スマホに参入している。

ファーウェイが今年初め、第3世代の折り畳み式スマホ「Mate X2」を発表したのに続き、シャオミも「MIX Fold」を発表し、折り畳み式ディスプレイ市場を盛り上げている。これ以外にOPPOやvivoも折り畳み式スマホを発売するという情報がある。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ