ジャパンディスプレイ(JDI)は、7月に発表した台湾製造子会社の売却について、台湾・緯創資通(ウィストロン)との株式譲渡契約を締結したと発表した。譲渡金額は約85億円。

株式譲渡は当局の許認可を得た後に実行する。2021年内となる見通し。譲渡契約の締結は9月内を予定していたが、条件協議から遅れていた。





ウィストロンは電子機器の受託製造サービス(EMS)大手。
JDIはパネルに関連部材を組み付ける工程を担う台湾の製造子会社をウィストロンに売却し、同工程をウィストロンに委託する。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ