ベトナム2-3米華字メディアの多維新聞は14日、韓国サムスン電子がスマートフォンの生産ラインの一部をベトナムから国内唯一のスマホ生産拠点である亀尾工場に移したと報じた。

記事が韓国メディアの報道として伝えたところによると、生産ラインの移管は昨年末までに行われた。





亀尾工場は折り畳みスマホやギャラクシーSなど旗艦製品を手掛けているが、サムスンのスマホ生産台数全体に占める割合は徐々に縮小。だが、サムスンは昨年からベトナムなど世界の生産拠点が新型コロナウイルスの影響で閉鎖や深刻な生産中断に追い込まれ、サプライチェーン管理のための特別措置として生産能力の国内回帰に動いたのだという。

※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ