Screenshot 2022-03-29 07.12.39サムスンの量子ドット(QD)-有機発光ダイオード(OLED)テレビが海外で先に初登場した。サムスンQD-OLEDテレビは、ディスプレイパネルの歩留まりなどの問題で価格がやや高くなるだろうという予測を破り、LG電子のOLEDテレビと同様の価格で発売され、両社のOLEDテレビ市場でのシェア競争はさらに激しくなる見通しだ。韓国メディア「毎日日報」が報じた。

23日、サムスン米国ニュースルームのホームページによると、サムスンQD-OLEDテレビの55インチの製品価格は2199.99ドル(約267万ウォン、約26万6千円)、65インチの製品価格は2999.99ドル(約364万ウォン、約36万3千円)と策定された。
同じパネルを使うソニーテレビの価格が、55インチ3000ドル(約358万ウォン、約36万3千円)、65インチ4000ドル(約478万ウォン、約48万4千円)のレベルで販売されるものと見られる中、むしろ100万ウォン近く安いサムスンテレビの価格ニュースに業界は驚かされる空気だ。





さらに、LG電子の米国法人のホームページに紹介された2022年型55インチ4K OLEDテレビの価格は2200ドル(約268万ウォン、約26万6千円)、65インチモデルの価格は3000ドル(約365万ウォン、約36万3千円)と、サムスン電子のQD-OLEDテレビと同じ価格帯を形成している。

業界は、サムスンディスプレイのパネル量産能力や歩留まりなどを考慮すれば、予想より完成品価格が低く策定されたと分析している。業界関係者は「サムスン電子が製品の収益性を一定部分放棄してまで攻撃的な価格政策を展開するという意志を見せたものと解釈される」とし、サムスン電子が今年初のQD-OLEDテレビでOLED市場に参入し、破格的な価格政策を打ち出したと評価している。

OLEDテレビ市場は今年から本格的に開花する見通しだ。市場調査会社のオムディアは昨年、テレビパネルで使われたOLEDパネルが同期間、スマートフォンの使用量を約16%差で追い越したと発表した。昨年第4四半期、LGディスプレイは史上初めて200万台のOLEDパネルを出荷した。

サムスンディスプレイも昨年11月からOLEDパネルの本格量産を始め、今年世界最大の家電・情報技術(IT)展示会「CES2022」でQD-OLEDディスプレイを公開している。

一方、サムスンQD-OLEDテレビの国内発売はまだ未定だが、サムスン電子は30日に「アンボックス&ディスカバー2022」イベントをオンラインで開催し、2022年のテレビ新製品ラインナップを紹介すると伝えた。


※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ