Screenshot 2022-07-04 07.32.122022年7月4日発売の「日経トレンディ2022年8月号」では、創刊35周年を記念し、「家電、文具、日用品オールタイムベスト」を特集。
日経トレンディが創刊した1987年以降、テレビは「大画面化」と「高画質化」を軸に進化してきた。松下電器産業(現パナソニック)の「画王」、シャープの「アクオス」などの人気ブランドも生まれ、直近では、有機ELと4K液晶に加わった新方式「ミニLED」が話題になっている。

テレビは、「大画面化」と「高画質化」を軸に進化してきた。日経トレンディが創刊した87年は、当時としては大型な22型以上を指す「大画面テレビ」がランク入り。2003年の地上波デジタル放送開始前後からはテレビの薄型化も手伝い、32型以上のサイズが一般化した。ブラウン管からプラズマ、液晶へとトレンドが移ろい、地デジ放送の開始といった放送方式の変化も手伝って、高画質化も進んでいった。





 この間、様々な人気ブランドも生まれた。ブラウン管テレビの時代には松下電器産業(現パナソニック)が90年秋に発売した「画王」。平面に近づけたブラウン管は買い替えのきっかけになった。地デジ黎明期に時代の寵児になったのは、シャープがアピールした「世界の亀山モデル」。同社の「アクオス」ブランドは04年4~6月、10型以上の液晶テレビ市場でのシェアが44.8%に到達。当時、30型以上のテレビはプラズマが主流だったが、22型以上の液晶テレビが買われ始める契機になった。

 近年は海外メーカーの参入もあり、低価格化が加速。市場のコモディティー化も進んでいる。17年ごろからは複数のメーカーが発売した有機ELテレビが液晶に代わるトレンドに。55型以上の“超大型テレビ”も普通になった。

 そして今、大型テレビの選び方に変革期が訪れている。従来は有機ELか液晶の二択だったが、新たに「ミニLED」という選択肢が生まれたのだ。

 通常の液晶は、液晶パネルの背面や上下左右のエッジにLEDバックライトを搭載する仕組み。ミニLEDは数千個の小さなLEDを高密度に敷き詰め、部分ごとに適切な明るさを表現する。これにより、黒い部分が薄白く見えるなどの液晶が持つ弱点を、ミニLEDテレビなら克服し得るのだ。とはいえ黒い部分の表現力ではまだ有機ELが上。AV評論家の折原一也氏も、「ミニLEDの画質は、有機ELにはまだ及ばない」と言う。