samsung055_lサムスン電子は、フォルダブルスマートフォンの新製品「Galaxy Z Flip4」を発表した。海外での価格は999ドル(約13万円)~で、8月26日に発売される。日本での発売予定は明らかになっていない。  「Galaxy Z Flip4」の大きさは、端末を開いた状態で約165.2×71.9×6.9mm、閉じた状態で約84.9×71.9×15.9mm。重さは約187gとなっている。

端末を開いて使うメインディスプレイは、約6.7インチのDynamic AMOLEDディスプレイ(2640×1080)。1Hz~120Hzのアダプティブリフレッシュレートをサポートする。  
端末を閉じたときのカバーディスプレイとして、約1.9インチのSuper AMOLEDディスプレイ(260×512)を搭載する。カバーディスプレイの機能として、メールに返信したり、電話をかけたりできる。





 チップセットはクアルコムの「Snapdragon 8+ Gen 1」を採用。メモリーは8GBを搭載し、ストレージは128GB、256GB、512GBのモデルが用意される。

リアカメラは、超広角カメラ(約1200万画素、F値2.2)と広角カメラ(約1200万画素、F値1.8)の2眼構成。

 「Z Flip3」との比較で、NPU(Neural network Processing Unit、機械学習/AI特化のプロセッサー)の性能が53%アップしたとアピールされている。

 セルフィー撮影(自撮り)ではプレビュー画面が上下に移動し、さまざまな角度から撮影できる。フロントカメラの画素数は約1000万画素。

バッテリー容量は3700mAh。「Z Flip3」から12%(400mAh)アップした背景には、ヒンジ部のスリム化があるという。25W以上のアダプターを使うことで、約30分で50%まで充電できるとしている。

 防水性能はIPX8相当。

カラーは、ボーラパープル、ブルー、ピンクゴールド、グラファイトの4種類。

 一部の国では、全75種類のパターンからユーザーがカスタマイズ可能な「Bespoke Edition」も用意される。


※記事の出典元はツイッターで確認できます⇒コチラ