コロナ禍で外出自粛を余儀なくされた時、最も身近なエンタメツールであるテレビの魅力を再認識した人は多いに違いない。
こうした状況の中、ユーザーのテレビの楽しみ方はどう変化したのだろうか?

GfK Japanはこのほど、テレビ購入者を対象にした「購買行動や使用実態に関するインターネット調査」の結果を発表した。
テレビの活用用途を、コロナ以前の2019年調査結果と比較すると、「地上波・BS・CSの視聴・録画」が88%から77%に減少、一方で「動画配信サービスの視聴(無料・有料含む)」が31%から43%に増加した。





年代別では全ての世代において同様の傾向が見られた。地上波・BS・CSなどのテレビ放送の視聴の減少は20代など若年層で顕著だった。動画配信サービスの視聴は30代が50%と最も多かったが、コロナ以前との比較では40代以上で増加幅が大きく、15%ポイントほど上昇した。

新型コロナウイルス感染を避けるため自宅で過ごす時間が増えたことで、これまで動画配信サービスを利用してこなかった層においても、新たに利用を開始するきっかけになったとみられる。